クレジットカードの審査とは

top-shinsa

クレジットカードについて

当サイトでは様々な種類のクレジットカードを紹介していますが、今後もクレジットカードの紹介ページを順次追加していこうと思います。

JCBクレジットカードや三井住友VISAカードなど、メジャーなクレジットカードを中心に紹介していきたいと考えています。

なぜ審査をするの?

クレジットカード会社は決済された代金をあなたの代わりに支払うため、あなたが信頼できる人物なのか判断する必要があります。

それがクレジットカードの審査です。

CreditCardのCreditは信用という意味。その名の通りクレジットカードを使うには信用のある人物であることが求められます。

審査では返済能力の有無を判断。ショッピングの分割払いやリボルビング払い(リボ払い)など割
賦枠は改正割賦販売法に基づいて利用限度額が設定されます。

割賦払いの枠の大きさは信用に大きく左右されることとなります。

クレジットカード審査では法廷利用可能枠を決めるために、年収や生活維持費などから支払い可能な見込み額を算出。審査はクレジットカードの使いすぎを防止するために定められた義務となっています。

審査に関して

審査の流れ

申し込み時に入力(記載)された内容に基づきクレジットカード会社は審査を行います。

氏名や年齢、住所、家族構成、住まいの情報、そして勤務先、勤続年数、年収などを申告するのが一般的。審査では特に年齢と勤務状況が重視されており、早い段階で返済能力の有無が判断されれば速くクレジットカードが発行されますし、勤務先の名称や電話番号が違っていたり、勤続年数と年収が釣り合わないと判断されてしまうと確認に時間がかかります。

在籍確認されることはあまりありませんが、どんな内容のお仕事ですか?とクレジットカード会社から確認の電話が入る場合があります。

これらの手続きが完了すればだいたい申込から1週間程度でクレジットカードが手元に届きます。

無人契約機や店頭での手続きが可能であれば即日発効に対応しているクレジットカードなどもおすすめです。

一般的なカードの審査基準

お買い物用に利用される一般的なカードの審査基準では年齢、年収、勤務先、勤続年数、居住年数などが重要視されます。

クレジットカード審査にクリアするためにはそれぞれの属性が高い評価を得る必要があります。

有利な条件は年収の多さ、勤務先の規模が大きく安定している、持ち家、長い勤続年数と居住年数、両親と同居です。

どのくらい年収があれば審査に通るのかは、年収(預貯金額の合算可)から同一世帯の生活維持費、すでにあるクレジット債務を差し引いたものに0.9をかけてください。この数字が0でなく大きければ大きいほど審査に通りやすくなります。

なおクレジットカード会社が支払可能見込額調査に使う算定式は経済産業省のホームページで確認できます。

もちろん審査は年収額だけでなくさまざまな要素のバランスを見て判断。安定した生活を送っているほど審査に通りやすくなっています。

審査における年収の算出

関連記事

ページ上部へ戻る