ゴールドカードの審査基準

top-gold

ゴールドカードの一般的な審査基準について

プレミアムカードやゴールドカードは一般カードよりも利用可能額が大きく、また付帯しているサービスも充実しています。

しかしその分申し込み条件が厳しく審査基準も高いです。

クレジットカード審査は年収が多ければ多いほど良いというイメージが強いですが、同じクレジットカードの中でもゴールドカード審査は年収額よりも安定しているかどうかを重要視。何度か転職をして年収600万円勤続年数1年の方よりも、年収400万円勤続年数が3年以上ある方のほうがクレジットカード審査では安定していると考えられます。

年収600万円勤続年数1年の方よりも、年収400万円勤続年数が3年以上あるほうが審査に有利

さらに大切なのがクレジットヒストリーの状況です。

よほどの年収が無い限り返済履歴がまったくない方は一般のクレジットカードと同様に審査が厳しくなります。

そのため最初からゴールドカードを狙うよりも、まずは信用の実績を作ることから始めることがゴールドカードへの近道になります。

クレジット返済履歴の無い方は割賦払いなどを利用してクレヒスを作ることから、気になるゴールドカードがある方はまず一般のクレジットカードを作ることから始めてみてください。

一般カードからランクアップさせる方法

ゴールドカードは一般的なクレジットカードに比べると利用限度額が大きく、またさまざまな限定サービスを利用することができます。

クレジットカードの年会費が必要になるもののゴールドカードだけの嬉しい特典が満載。空港の有料ラウンジサービスが無料利用OK、高額な補償が付いた旅行保険、ショッピング保険、ゴールド会員専用のサポートデスク、優遇されたポイントサービスや手数料。この他にもクレジットカード会社によってホテル、レストランなどの割引き、送迎、バーゲンセールの案内などさまざまな特典が用意されています。

ゴールドカード利点

そんな魅力的なゴールドカード。一般カードからランクアップさせる方法は地道に信用関係を築き上げることが一番です。

まずは一般のクレジットカードに申し込みをして、最低でも1年は利用と返済を続けてください。早ければカードを作ってから半年ほどで増枠の申し込みの案内が来たり、また自動的に枠が大きくなっていきます。

何度かこのようなやり取りを続けているうちに、今有る手持ちカードの利用可能額がゴールドカードの利用限度額に届くようになってきます。

そうなったときがゴールドカードへのランクアップのチャンス。申し込み時の属性条件に変わりは無いか、延滞してしまったことは無いかを確認してぜひゴールドへの切り替えを申し込みしてみてください。年収が平均程度の方は最初からゴールドを申し込みするのではなく、一般クレジットカードから審査を受ける方が受かりやすくなっています。

関連記事

ページ上部へ戻る