審査基準について

2shinsakizyun

安定収入の有無

クレジットカードの申し込み条件になっているのが安定収入の有無。クレジットカード会社はカード利用者が決済にかけた商品の代金を一度立て替えることになります。

後からお金を返してもらうのに安定した収入が無くては不安です。

収入があるかどうかはクレカを作る必須条件。ただし一部のクレジットカードは配偶者に収入のある専業主婦(専業主夫)ならば無職でも申し込みが可能です。

クレジットカード審査は本人と配偶者の年収、預貯金をプラスして受けることもできるので既婚者で年収の少ない方は配偶者の年収額も申告してください。18歳以上の学生さんについてはアルバイトをして毎月お給料をもらっていればOK。安定収入とは基本的に給与のことを指しますが年金収入で審査に通る方もいます。

ただし仕送りや株式やFXといった投資によって発生した利益は安定収入だとは判断されません。

アルバイトや、パート以外にも 年金受給も審査の際には収入としてみなされます。

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとはクレジットカードの返済履歴。クレジットカード会社は申し込み者の同意を得て、個人信用情報機関からクレヒスを照会します。

一番評価が高いのは2~3枚程度のクレジットカードを毎月利用し、今まで一度も延滞をせずに料金を支払っている人です。

逆に一度でも支払いの遅延があると評価は低くなってしまいます。

この情報は自分で確認することもできるので、クレジットカード審査に通るか心配な方は一度ご自身のクレジットヒストリーを取り寄せてみてください。

今まで一度もクレジットカードや割賦払いを利用したことが無い方はクレジットヒストリーがありません。このことをスーパーホワイトと言います。

クレヒスが無いことは信用が無いと同等に考えられています。

そのためまずは信用を積み上げていくことから始める必要があります。

不安な方は審査に甘いクレジットカードを選んだり、携帯やスマホを購入するときに割賦払いにすることでこの問題をクリアできるようになります。

年収、収入(勤務先)

安定した収入があることを前提として、次に大切なのがその年収額と勤務先の情報です。

毎月お給料をもらっていても年収が少なければ限度額はとても小さくなります。

どのくらいの年収があれば審査に通るのかはそれぞれのクレジットカード会社によって違いがありますが、最低の目安としては改正割賦販売法の支払可能見込額の算定から逆算することができます。

クレジットカード審査では年収額だけでなく勤務先、雇用形態、勤続年数などの属性もスコアリングされます。

公務員や大企業の方ほど高い評価を得やすいです。

もちろん中小企業であっても正社員で長く勤めていれば問題ありません。ただしいくら有名企業に勤めていても転職を繰り返していたりすると印象は悪くなります。

逆にパートやアルバイトで生計を立てるフリーターの方でも真面目にお仕事を続け年収がそれなりにあればクレジットカード審査に通ることが可能。クレジットカード審査では申告された属性と返済履歴のバランスを見て結果が下されることになります。

大企業勤務で年収が高くても勤続年数が低ければ 審査に響きます。肝心なのはバランスです。

関連記事

ページ上部へ戻る