審査偏差値が高いカードが欲しい場合

7hensachi_takai

審査偏差値が高いカードをいきなり申し込まない

利用限度額が大きい、手数料が安いなどユーザーにとって魅力的な条件のクレジットカードはやはり審査偏差値が高いです。

できる限り良い条件のクレジットカードを使いたいのはもちろんですが、最初から審査が厳しいと言われているクレジットカードに申し込みしてしまうのはおすすめできません。

クレジットカード審査に落ちるとその後6ヶ月間カードを作ろうとした履歴が信用情報に登録されます。

6ヶ月以内に別のクレジットカード審査に申し込みすると、その履歴を見られてしまいお金に困っていると判断されてしまう可能性があります。

こうなっては本来受かるはずであった審査も通りにくくなってしまいます。

クレジットカード審査に落ちると その後6ヶ月間審査に落ちた履歴が 信用情報に登録されます。

特にある程度の年収が有り、初めてクレジットカードを作るという方は要注意。属性条件のいいスーパーホワイトの方ほど審査偏差値の高いカードに申し込みしてしまいがちです。

しかしいくら属性値が高くても、返済履歴が無いと審査は格段に厳しくなってしまいます。

まずはクレジットヒストリーを積む

初めてクレジットカードを作る方が一番注意したいポイント。それは自身のクレジットヒストリーについてです。

先にも述べたようにクレヒスがまっさらな状態の方はいくら申し込み条件をクリアしていても審査は厳しくなってしまいます。

クレジットカードの審査は年収や勤続年数などの基本属性だけでなく過去の返済履歴が大きく影響を与えます。

たとえば基本属性はまったく同じのAさんとBさん。Aさんは今まで一度もクレジットカードや割賦払いを利用したことのないスーパーホワイト。Bさんはローンや別のクレジットカードを2年間、延滞なく支払っているという条件であれば、Bさんの方が信用は高いと判断されます。

Aさんのように今回初めてクレジットカードに申し込みする方はまずクレジットヒストリーを積むことがベスト。一番簡単な方法は携帯電話やスマートフォンの機種代金を分割払いすることです。

今まで現金一括払いしか利用してこなかったという方は一度自分の信用情報がどうなっているのか確認してみてください。

最初の1枚におすすめな審査の甘いカード

初めてのクレジットカード。少しでも速く審査をクリアして便利な生活を送りたいものです。

最初の1枚に選ぶべきクレジットカードはとにかく審査の甘いカード。一般的に収入証明不要、パート・アルバイトOK、年金OK、学生OK、主婦OKといった申し込み条件のクレジットカードは審査が緩いです。

限度額は最初から大きな額を希望せず、そしてまずはキャッシング枠無しで申し込みしてみましょう。また短期間に複数の申し込みを並行せず、まずは1枚じっくりと手続きを進めるのがベスト。特に年会費無料のカードは初めての方も使いやすく人気になっていますよ。

アルバイト、年金受給者、 学生や主婦でもOKなカードは比較的 審査が緩いです。

関連記事

ページ上部へ戻る