信用情報について

3shinyozyoho

信用情報とは

クレジットカードを作るには審査をクリアする必要があります。

申し込み時にはさまざまな情報を申告することになりますが、クレジットカード会社が申告された内容と合わせて調査するのが信用情報。信用情報にはクレジットカードやローン、キャッシングなどの信用取引をする際に交わされる契約内容、利用者の返済履歴(クレジットヒストリー)、利用残高、支払・利用状況などが含まれています。

現在国内では日本信用情報機構(JICC)と株式会社シー・アイ・シーなどの信用情報機関が利用されています。

CICは日本クレジット協会、株式会社日本信用情報センター、社団法人全国信販協会の信用情報機関が一本化された組織で、クレジットカード会社や信販会社、ローンやリース会社、銀行、消費者金融などが多数加盟。クレジットカード会社はこのような組織に照会をかけ申込者の情報や属性をスコアリングし審査の結果を出します。

信用情報について

他にどんな支払いが信用情報に含まれているか

信用情報には個人を特定できる氏名や生年月日、自宅住所、自宅電話番号、そして勤務先の情報が登録されています。

すでに契約がある場合は登録会社名、契約状況、借入残高、支払履歴などもすべて残っています。

信用情報に登録される支払いはクレジットカード払いだけではありません。携帯電話やスマートフォンを割賦払いしたことがある方は既に履歴が信用情報に登録済み。最近ですとネット通販の代金をコンビニ後払いで利用した場合も登録されます。

クレジットカードを持っていない方も実は信用情報が既に登録されていることは多いため注意してください。

ただし水道代やガス代など公共料金についてはたとえ後払いでも信用情報機関に支払状況が登録されることはありません。払うのが遅くなったことがある方も公共料金や税金ならばクレジットカード審査に影響を与えることは無いので安心してください。

信用情報の詳細

信用情報を詳しく知っておく

クレジットカード審査に落ちたくない方は、申し込みをする前にクレジットカード会社がどの信用情報機関に加盟しているのか調べてみてはいかがでしょうか。CICでは自分の信用情報を確認できます。

本人開示制度はパソコン、携帯電話、郵送、窓口からの申し込みに対応。パソコンやモバイルであれば今すぐ信用情報を照会できるので一度試してみてください。

特にいまクレジットカードを持っていなくても、過去に携帯電話会社への支払い遅延があったり、また通販サイトからの請求書が届いているのを忘れてしまっていたことがある方は要注意。過去にクレジットカードやローンの審査に申し込みをしたことがある方は6ヶ月間その情報が保管されています。

一度審査に落ちてしまった方が再度申し込みするときに最低半年開ける必要があるのは、審査に落ちた履歴が残っているととても印象が悪いためです。

自分の信用情報に一度目を通してみるとクレジットカード審査に通るための対策が見えてくるはずですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る